健康的に痩せるには、食べて痩せるダイエットが1番。料理の工夫でカロリーダウンをめざす!

痩せる ダイエット

料理の工夫で痩せる

痩せるには

【HOME】ペットと気ままな一人暮らし>ダイエット(料理の工夫で痩せる)



健康的に痩せるには、食べて痩せるダイエット法が1番です。

でも、いきなりカロリー計算するのも無理・・・という方に、
毎日の料理で使える簡単なカロリーダウンの仕方をご紹介しています。

量を減らさず、ちょっとした工夫でカロリーを
下げられる料理法を調べてみました



 フッ素樹脂加工のフライパンを使う 

鉄製のフライパンは料理がおいしくできるのですが、
油を使わなければいけないのでダイエット中には不向き。

フッ素樹脂加工のフライパンなら少量の油でもくっつかず
キレイに焼けるので余分な油をカットできます。
また脂の多い肉でしたら、油をひかなくても料理できます。

油を使う場合は血栓症のリスクを減らす脂肪酸が豊富なサラダ油などの
植物油がおすすめです
オリーブオイル・・・オレイン酸を多くい含んでおり高コレステロール血栓の
               予防に効果があります。

サフラワー油・・・血中コレステロール値を下げる働きのあるリノール酸を
             多く含んでいます。

ゴマ油・・・細胞の老化を抑制するビタミンEが多く含まれています


スポンサードリンク


 素材を選ぶ 

例えば肉。部位によって脂の量(カロリー)が大幅に違いますので
豚ロース(100g 314Kcal)から豚ヒレ肉(100g 134kcal)にするだけで
全然違います。

私は鳥のささみが好きなので、安い時に大量買いしておき、
冷凍保存して、色々な料理に使いました。
低カロリーだし歯ごたえもあるので咀嚼回数が増えますよ〜



 調理法を考える 

脂肪の多い挽肉を使うハンバーグなどは、電子レンジを活用します。
中までちゃんと火も通るし余分な脂肪も落とす事ができます。
その他、挽肉を半分にして良く水分を切った豆腐を混ぜるのもおすすめです。

ほうれん草などでは、おひたしにすると30Kcalだけどソテーにすると
倍の70Kcalになってしまいます。

たまにはバターでいためてソテーで食べるの良いですが、
他のメニューでカロリーがオーバーしてそうだったら
「おひたし」にするなどの工夫も。

焼肉もいいですが、時にはさっぱりとしゃぶしゃぶを。
余分な脂は落ちるし野菜に巻いて食べればヘルシーです♪
 総合メニュー  

一人暮らしのページ

ペットのページ

糖尿病のページ

ダイエットのページ
      
 簡単ダイエット方法

 料理の工夫で痩せる 

 意外な方法で痩せました

 お風呂で痩せる方法

 酒風呂で痩身&美肌ゲット

 半身浴でデトックス

 1日1食にしてみたら?

 ウォーキングで脂肪燃焼

 プチ断食ダイエット

 外食で気になるカロリー表

 ダイエット食は宅配で。

 豆乳クッキーダイエット開始

 豆乳クッキー 1日目

 豆乳クッキー 2日目

 豆乳クッキー 3日目

 豆乳クッキー 4日目

 豆乳クッキー 5日目

 豆乳クッキー 6日目

 豆乳クッキー 7日目

 豆乳クッキー 8日目

 豆乳クッキー 最終日

     
    
      

▲このページのトップへ
ご利用規約
Copyright (C) ペットと気ままな一人暮らし All Rights Reserved