糖尿病 症状

糖尿病の症状

糖尿病の症状

HOME【ペットと気ままな一人暮らし】糖尿病>糖尿病の症状

よく知られている糖尿病の症状として「のどが渇く」 「甘いものが欲しくなる」 「尿の回数が増える」などがありますが、それらの症状は糖尿病がある程度進んでから出てくるものです。

糖尿病が軽いうちは、ほとんど自覚症状がありません。病気が進行してくると前述したような糖尿病の症状として知られた症状をはじめ、さまざまな自覚症状が出てきます。

進行した糖尿病の症状には、血糖値が高いことから生じる症状と、糖尿病の合併症による自覚症状とがあります。

スポンサーサイト
       
全てが現れる訳ではありませんが、どれも糖尿病がある程度進むと出る症状です
<高血糖による自覚症状> <合併症による自覚症状>
のどが異常に渇き、よく水分を取る 足がむくむ・ふくらはぎがつる
尿が甘ったるい臭いがする 目がかすんだり、視力が落ちた
よく食べるのに体重が減ってきた ちょっとした傷でも化膿しやすい
尿の量やトイレに行く回数が増えた 虫歯・歯周病になりやすい
体がだるい・疲れやすい   などなど 勃起不全になる       などなど

前述したように、糖尿病の症状は、血糖値がかなり高くなった(病気が進行している)状態になってから現れます。ですから、症状が出る前に治療が始められるように、定期的な検査が必要と考えられています。

特に症状がでていなくても、糖尿病を患っている近親者がいる・肥満・運動不足・すい臓や肝臓が悪いといわれたことがある人などは、糖尿病の危険因子を抱えています。糖尿病になりやすい人と言えますので、一年に一度は検診をお勧めします。
糖尿病 
糖尿病の症状 

ただいま作成中
随時更新いたします

▲このページの上へ
Copyright (C)  ペットと気ままな一人暮らし All Rights Reserved